エアコン洗浄

エアコンのカビ
エアコンのカビ

あなたの家のエアコンもこんな事になっていませんか?

エアコンの洗浄をせずにほっておくとこんな風になるかもしれません!こうなる前に洗浄を!

目次

エアコンクリーニングの必要性

現代社会において、エアコンが無い施設は考えられません!エアコンは私たちの生活環境にとって3つの重大な問題を抱えています。
◎エアコン内部には『塵』『埃』『タバコのヤニ』『油煙』などが堆積し、機能低下を引き起こします。
◎過負荷運転による電気消費量が大幅に増大。
◎堆積物により発生した『カビ』『ダニ』『雑菌』等を空気中に撒き散らし、汚染し、クシャミから喘息、アトピー性アレルゲンを誘発し、生活環境を破壊します。
これらの問題を解決する為にもエアコンクリーニングは必要です。

エアコン洗浄剤

通常エアコン洗浄で使用されている洗剤は強アルカリ(ph 10以上)が多く、これは人体に非常に有害です。強アルカリ洗剤を使用していなくても、排水にそのまま流す事が出来ない洗剤が多く使用されています。

弊社の使用している洗剤は環境にとてもやさしい洗剤を使用しています。汚れ具合によって2種類の洗剤を使い分けています。2種類共に植物由来の洗剤であり、そのまま排水に流す事も出来る非常に優れた、環境に優しい洗剤です。

SC-1000
スペースショット

SC-1000は特に汚れがひどい場合や、キッチンの近くについているエアコンなどの油汚れがひどい場合に使用します。スペースショットはタバコ等の臭いに問題がある時に使用します。エアコンの臭いの問題はスペースショットを使用する事によりほとんどの問題は解決できます。

これらの安全な洗剤を使用し、エアコン洗浄を行っていますので安心して下さい。

ドライアイス洗浄機

今後はドライアイス洗浄機を使用したエアコン洗浄も行う予定です。ドライアイス洗浄機を使用する事により、今までのエアコン洗浄で問題の多かった「水」によるエアコンの故障や洗浄中の水漏れによる壁紙や家具の水害のリスクを減らす事が出来ます。

弊社では1方向の天カセを最短40分で、2方向の天カセを最短30分で洗浄しました。トータルで100台以上のエアコンをドライアイス洗浄で洗浄した実績があります。 ドライアイス洗浄機を使用する場合の課題がありますのでそれらをクリアできましたら、ホームページでお知らせいたします。

エアコンの汚れチェック

家庭用壁掛けエアコンって意外なほど汚れているって知っていましたか?
特にお店などでエアコンを使用していると、その汚れは家庭よりも何倍も早く汚れますし、家庭でも夏・冬問わずに使用していたり、特に寝室などでエアコンを使用していると汚れはいっそう酷くなります。一般的にエアコンの内部を見た事が無い人は「フィルターを掃除しているから大丈夫」と言う方が多いのですが、フィルターをいくら掃除してもエアコンには至る所に穴が空いており、隙間が多く、そこから埃が進入します。その為に、フィルターを掃除しただけでは汚れは取れません。 では一体どこをどの様にしてエアコンの汚れをチェックすればよいのでしょうか?まずは下記画像をご覧下さい。いかにエアコンと言う物が汚れているかお分かり頂けるかと思います。

エアコン汚れチェック

ちょっと分かり難いですが、エアコンのパネルの裏側です。本来は白に近いクリーム色なのですが、汚れで茶色っぽくなっています。これは、エアコンのカバーを外さないと見る事が出来ませんので、一般の方にはここは掃除はもちろん見る事もありません。
これはエアコンのフィルターです。本来は黒色なのですが、掃除をしていない為に埃で白くなり目詰まりをおこしています。中にはエアコンのフィルターの外し方まで知らない方がいますが、エアコンの取扱説明書に書かれていますので必ず説明書をお読みの上、フィルターを外し、掃除をして下さい。よく使用するご家庭で1週間~10日に一度は掃除が必要です。
これはエアコンのフィルターを外すとその中に見える「熱交換器」と呼ばれる部分です。銀色のアルミが見えるので直ぐに分かります。この部分がフィルターを外した時に汚れていると、エアコンの性能が悪くなり、冷えにくくなりますし、埃やカビで臭いがしたりします。画像では、熱交換器で発生したカビが増殖し丸くなっています。これほど酷くなる事は稀ですが、実際にこの様になる可能性は十分にあります。この様なカビが生えたエアコンの空気を毎日吸っているなんて考えただけでも恐ろしいですね。
エアコンの風の吹き出し口を懐中電灯などで照らして中を見て下さい。「エアコンの風が来なくなった」「左右で風量が違う」「エアコンから悪臭がする」などの殆どはこのファンについた大量の埃とカビが原因です。中を除いてファンの部分に埃がついていないか確認しましょう。又、ファンの下の部分に黒い点々が見えたらそれはカビです。この画像では、タバコのヤニ・埃・カビの3点セットで変色を起こしています。
この部分は外さないと見れない所で、熱交換器で発生した水滴を受け取り、外へ排水する為の部分で、ドレンパンと言います。「エアコンから水がもれる」場合、この部分の汚れが酷く、排水の為の穴を塞いでしまったり、穴が小さくなり水の流れが悪くなって起こります。画像の左の部分が排水の為の穴があいている場所になりますが、汚れが酷いのがお分かり頂けると思います。これも黒く見える所はカビです。

最近のエアコンはのドレンパンが外れない、本体と一体式になっているタイプが殆どですのでこの部分は上画像の様に取り外す事が出来なくなっています。

上記の②③④番はご家庭でもチェック出来ますので、一度チェックしてみて下さい。につきましても外し方は取扱説明書に記載されていると思いますのでご自身で出来る方は一度外してみるとよいでしょう。ただし、無理をすると必ず部品を壊す事になりますのでお気を付け下さい。機種によっては簡単に外せます。
上記のチェックをし、汚れていたら早めにエアコンの洗浄をしましょう。特にタバコを吸われるご家庭や室内で動物を飼育されてるご家庭は早めの洗浄が必要です。
※エアコンの使用頻度や設置場所によりエアコンご購入後1年以内で洗浄が必要になります。

エアコン分解洗浄手順

ここでは弊社が行っている家庭用壁掛けエアコンの分解洗浄の手順を画像付きでご説明致します。今までにエアコン洗浄を頼んだ事のある方は比較してみて下さい。また、ご自身で分解にチャレンジしようと思っている方も参考にしてみて下さい。ただし、家庭用エアコンは各メーカーや種類により取り外し方法は様々ですので、無理をして壊さない様ご注意下さい。エアコンは基本的にはめ込み式に組み立てられていますので無理をしてツメを折るともう直りませんのでお気を付け下さい。

■エアコン付属品の取り外し

エアコン外観
エアコン外観

さあ、それではこのエアコンをこれから掃除して行きましょう!
外観は綺麗に見えるエアコンですが、中は意外と汚れているものです。
事故の元になりますので、安全の為に必ずエアコンのコンセントを抜いてから作業を行いましょう。



フィルタ
フィルタ

まずは、エアコンのフィルターを取り出す為に、前面のカバーを開けましょう。通常は左右に開く為の取っ手の様な出っ張りがありますのでそれを手前に引けば開きます。



エアコンフィルタ外した画像
エアコンフィルタ外した画像

前面のカバーを開けたら中のフィルターを取り外しましょう。



エアコンフィンの汚れ
エアコンフィンの汚れ

フィルターは掃除されていて綺麗ですが、フィルターを外すと・・・中の熱交換器に埃が溜まっているのが見えます。フィルターを洗浄しても、あらゆる隙間から埃は進入しますので中の熱交換器には埃が溜まります。



エアコンカバーネジ位置
エアコンカバーネジ位置

エアコンのカバーを外す為には通常ネジ止めされています。ネジを外さなければなりません。通常は上記画像の下の丸印の2箇所にネジがカバーに隠れています。この機種の場合は中心にもあり3箇所あるタイプになります。
エアコンのカバーは通常上部にツメがついており簡単に外れない構造になっている機種多くありますので無理にカバーを外して壊さないように気を付けてください。



熱交換器
熱交換器

カバーを外すと、この様な感じになります。エアコンの汚れが丸見えになり、如何に汚れているかが分かります。

この後にドレンパンを外すのですが、最近のエアコンはドレンパンが一体化構造で外せないので省いています。



フィン汚れ
フィン汚れ

熱交換器の部分が埃を被り、一部目詰まりを起こしています。汚れが酷い場合はこれが熱交換器全体に広がり、エアコンの効きの悪さや、水漏れにつながります。



■シートの取り付け・洗浄

エアコン養生
エアコン養生

エアコンの洗浄する為の準備ですが、養生の仕方は企業秘密ですので省かせて頂きます。
水漏れがしないようにし、洗浄時に水が飛び散りますので、エアコンをシートで包みます。



洗浄の様子
洗浄の様子

カバーをするので中が暗く見え難いのでライトで照らし、汚れ具合を見ながら洗浄していきます。
※洗浄場所が違っていますが、上記の画像の様に洗浄しています。



洗浄後の排水
洗浄後の排水

エアコン洗浄をすると、あまり汚れていない様に見えるエアコンも、こんなに真っ黒な排水になります。



■洗浄完了

エアコン洗浄後
エアコン洗浄後

エアコン洗浄の完了です。エアコン洗浄が終わりましたら、シート等を外し、水分を拭きとります。理想としてはこの後1~2時間程自然乾燥するのがよいでしょう。

当社では養生をした状態でブロワで水分を吹き飛ばす為、より早く乾燥します。



洗浄後フィン
洗浄後フィン

埃がついていたエアコンの熱交換器も埃がとれピカピカになりました。



洗浄後ファン
洗浄後ファン

ファンの部分の汚れも取れ、洗浄前と色の違いがはっきりお分かり頂けると思います。ファンの下の黒いカビや埃も無くなっています。



洗浄後
洗浄後

洗い終わったエアコンのカバーを取り付け、3箇所ネジで止めます。



フィルター取り付け
フィルター取り付け

ネジでカバーを止めたら、洗い終わったエアコンのフィルターを取り付けます。



洗浄後外観
洗浄後外観

エアコンの前面カバーと閉じ、コンセントを差込、エアコン洗浄の終了です。



■その他エアコン洗浄前後比較画像

洗浄比較
洗浄比較

通常の家庭用エアコン洗浄ではシートを被せている為に、この様な綺麗な画像は中々撮れませんが、これは引越しされる方で壁から取り外されたエアコンを洗浄する機会があり撮影したものです。上下が反対になっていますが、左半分が洗浄後で右半分が洗浄前です。エアコンと言うのはいかに汚れているかがお分かり頂けるかと思います。



洗浄前比較
洗浄前比較
洗浄後比較
洗浄後比較

ちょっと画像が暗いですが、熱交換器の部分が埃で目詰まりを起こしています。特に右側の部分が酷く、埃で幕を張っているような状態です。しかし、エアコン洗浄を行う事により、こんなに綺麗になりました。とても同じエアコンには見えませんね。でも、同じエアコンなんですよ。真ん中よりちょっと下と上の部分に同じ熱交換器のヘコミがあるのが証拠です。



エアコン内部洗浄前
エアコン内部洗浄前
エアコン内部洗浄後
エアコン内部洗浄後

エアコンのファンの部分の酷い汚れやファンの下の部分の汚れによる色の違いが洗浄前と洗浄後ではっきりと分かります。ファンの下は実際は白では無く、黒色でした。



エアコン全体洗浄前
エアコン全体洗浄前
エアコン全体洗浄後
エアコン全体洗浄後

これはエアコン全体の洗浄前と洗浄後の画像です。だいたい同じ様な位置から撮影していますが、ファンや、その下の色の違いや、熱交換器の明るさの違いがお分かり頂けるかと思います。



当社では以上の様な感じで、家庭用エアコンの分解洗浄を行っております。又、企業秘密の為、上記には記載されていない部分もあります。通常の家庭用エアコン洗浄では、始めの準備から後片付けまで入れると、1時間半~2時間半はかかります。時間はエアコンの種類や設置場所により変動致します。よく、お客様にお聞きするのは「前は30分程で終わった」「電話で30分で洗浄すると言われた」と言われますが、上記の様な洗浄をすると、準備から片付けまでを30分で家庭用エアコンを洗浄するのは不可能になります。その為、弊社のエアコン洗浄を見て驚かれ、エアコンの綺麗さに更に驚かれます。エアコン洗浄をしてもらおうとしたら、必ず、上記の様な分解洗浄を行っているかを聞き、エアコン洗浄をしてもらいましょう。
当社に家庭用エアコン洗浄を依頼される方は必ず、注意事項をお読みの上、お問合せフォーム、又はメール、又はお電話等でお問合せ下さい。

注意事項

エアコンクリーニングを行うに当たっての注意事項とお願い

エアコンは非常に精密な機械です。クリーニングする前に必ず下記注意事項をよく理解された上でエアコンクリーニングのお問い合わせをして下さい。

注意事項

■お客様がご依頼のエアコンに不具合がある場合、どの様な不具合又は症状があるか詳しくお聞かせ下さい(汚れの問題では無く、電気的トラブル、経年変化による(ガス漏れ・ガス不足等の)問題かもしれません)。
■エアコンの使用状況(過度の汚れによる過負荷運転)によりクリーニング終了後、不具合が生じる場合があります。この場合の修理料金は別途とし、お客様にご負担いただきます。
■一度でも他業者にてエアコンクリーニングを行われたエアコンについては下記の問題が発生する場合があります。
・各部ネジ、その他部品の破損・紛失(取外し・取付け不可能な場合があります)。
・熱交換器部分のすすぎが不十分による洗剤が残った為の劣化(このケースは非常に多く、再生不能)。
上記症状の場合で修理が必要な場合は全てお客様に修理費をご負担いただきます。
■クリーニングを始めるにあたり下記の打ち合わせを必ずお願い致します。
◇意事前に両者立会いのもとエアコンを運転して作業前の状態を確認しあう。
◇症状及び不具合箇所
◇水取口・汚水口の位置
◇使用環境
◇過去のクリーニングデーター
◇備品の移動方法など
■作業中に上記注意事項に該当する問題が発生した場合必ず連絡が取れるようにお願い致します。
■クリーニング終了後の試運転時には必ず立会いのもとで確認をお願い致します。
■汚れ及び設置状況により通常より時間がかかる場合があります。作業時間の目安は1台1時間半~2時間半です。
■臭いについてですが、エアコン洗浄をする事により臭いは軽減されますが、臭いが100%取れる事を保証するものではありませんので予めご了承下さい。
■家庭用エアコンでは、取り外す事を前提(洗浄等のメンテナンス)に作られていない事が多く、エアコンのカバー等をはずす際、部品の一部が非常に壊れ易くなっている場合がありますので予めご了承下さい。通常はエアコンの動作には問題はありません。
■家庭用エアコンでは、設置場所や、年代により洗浄不可能な場合がございます。その様な場合、クリーニング作業をお断りさせて頂く場合もございますので予めご了承下さい。
■お掃除機能付エアコンについては、洗浄時間は2時間以上掛かる場合があります。また、機種によっては分解できない場合もありますので、予め製品名・型番をお知らせ下さい。
 
上記注意事項及び施工業者からのお願いをよく理解、納得した上、エアコンクリーニングの発注をお願いいたします

エアコンクリーニングの料金表

弊社のエアコンクリーングをする際の価格表です。価格には消費税は含まれておりません。

天井カセット式エアコン(正方形タイプ)
通常価格 1台 25000円~
長方形タイプ等、その他詳しくはお気軽にお問合せ下さい。
家庭用壁掛けエアコン
通常価格 1台 10000円~
お掃除機能付エアコン 1台 20000円~
業務用等その他詳しくはお気軽にお問合せ下さい。

エアコン洗浄についてのご相談はこちらよりお問い合わせ下さい→エアコン洗浄に関するお問い合わせ

エアコン洗浄出張講習会

エアコン講習風景
エアコン講習風景

あなたもエアコン洗浄してみませんか?

エアコン洗浄をお考えの方へ
これからエアコン洗浄を業として行って行こうと思っていても、エアコンの洗浄方法を知らなければクリーニング出来ません。エアコンはエアコンの構造・特徴を知らなければ室内は水浸しになり、また、エアコンを壊す事になりかねません。「エアコン洗浄なんて簡単」と思っているととんでもない事になりますよ!
いざ個人でエアコンクリーニングをしようと思ってもどのようにして洗浄したらよいのか?洗浄に必要な道具は?等々いろいろと分からない事だらけです。かと言って同業者に尋ねようにも近所では「ライバル」になってしまい聞く訳にもいきません。その様な方こそ、当店の講習会へお申し込み下さい。
また、企業でこれから新たに家庭用エアコン洗浄を行う事をお考えの方もお気軽にご連絡下さい。

天井埋め込み型エアコン洗浄をお考えの方へ
天井埋め込み型カセットエアコン洗浄をこれから業として行っていこうと思っても、いったいどの様にして洗浄すればよいのか?どの様にして分解すればいいのか?等々分からない事ばかりですね。個人で行う場合は尚更に分からない事ばかり・・・。企業で行うにしても洗浄経験者がいなければ訳が分かりません・・・ とお悩みの方にも弊社の講習で一発解消される事でしょう。

講習内容
<家庭用エアコン洗浄>
■エアコン洗浄に必要な道具とは?
■エアコンの分解方法
■エアコン洗浄の準備
■エアコン外部(カバー・フィルター等)の洗浄方法
■エアコン内部の洗浄方法
■エアコン洗浄に関する注意
■その他アドバイス

<天井カセットエアコン洗浄>
■エアコン洗浄に必要な道具とは?
■エアコンの分解方法
■エアコン洗浄の準備
■エアコン外部(カバー・フィルター等)の洗浄方法
■エアコン内部の洗浄方法
■エアコン洗浄に関する注意
■その他アドバイス

講習に関するお願い

講習関してお客様で準備して頂く物
・筆記用具
・カメラ等記憶装置(無くてもよい)
・洗浄見本の為のエアコン1台

講習会費用
<家庭用エアコン洗浄講習会費用>
個人事業者の方(1~3名迄):50,000円+※交通費
企業の方(1~10名迄):8万円+※交通費
<天井カセットエアコン洗浄講習会費用>
個人事業者の方(1~3名迄):80,000円+※交通費
企業の方(1~10名迄):10万円+※交通費
※交通費は1Km=20円で計算致します。
例)長野県飯田市役所の場合
高速料金:大山崎IC~飯田IC間 5800円(ETC割引適用)×2(往復)=11,600円
弊社~飯田市役所間267Km(Googlemap調べ)267Km×20円=5340円×2(往復)=10,680円
講習代50,000円+11,600円+10,680円=合計72,280円
※講習日数2日に渡る場合は+宿泊費になります。
※300kmを超える距離の地域は日帰りが困難になる場合がありますので、+宿泊費が掛かる場合があります。

その他注意事項
・講習時間は午前9時頃~午後5時頃になります。
・土・日・祝日も受け付けております。
・あくまでも出張講習になりますので弊社での講習は受け付けておりません。予めご了承下さい。
・出張講習は北海道・沖縄・離島を除く本州・四国・九州地区の方のみ可能です。
・講習は「エアコン洗浄」に関するものですので、チラシの製作・営業等の内容は一切含まれておりません。
・弊社の講習会は「物を販売する(洗浄道具一式等)」のが目的ではありませんので、ご安心下さい。

お問い合わせ
エアコン洗浄講習に関するお問い合わせは、必要事項を記入の上お問い合わせフォームよりお問い合わせ下さい。→講習に関するお問い合わせ

当初は、家庭用エアコンの洗浄を指導してくれる方もおらず、自宅のエアコンを実験台にし勉強したものです。家庭用エアコンは取り付けの仕事の経験があった為に、エアコンの構造等の知識がありましたのでよかったのですが・・・。それでも、家庭用エアコンは機種が多様であり、一歩間違えれば、家の壁紙を濡らし、張替えと言う危険性も伴います。いい加減な洗い方や中途半端な知識で個人でエアコン洗浄をするとエアコン洗浄をする代金よりもはるかに高額な損害を生みかねません。当店の講習を受け、しっかりとした知識を得て、エアコン洗浄を業として頑張って下さい。

有限会社 エアーリメイクス
大阪府高槻市唐崎2丁目14番6号
TEL:072-601-6081
FAX:072-601-6082

クリックでメール送信します。

Top