ドライアイス洗浄機による洗浄試験:ラベル剥がし(動画)

2月になり、ようやく時間が取れましたので新しいノズルの開発と洗浄試験としてビンのラベル剥がしの試験を行いました。

実は、エアーコンプレッサーを動かす為の電源は200Vが必要なのですが、現在の作業場には200Vが来てないらしく、50M先から引っ張って来なければならないそうで、エアーコンプレッサーを使用出来る状態にありません。

その為に、しばらくはブロワのみの動画や画像になります・・・

今は、ノズルの開発に取り組んでおります。

今迄のノズルでは威力が弱く、汚れを落とす能力が低かったので、ラベルを剥がす威力が弱かったのですが、今回はノズルを改良し、ある程度剥がす事に成功しました。

動画を撮影した後にもまた、色々研究しましたので、今回の動画よりも威力はほんの少しですがアップしています。

また、もう一度試験を行う予定ですので、動画を撮影しましたら、再度アップしようと思います。

まずは動画をご覧下さい。※約4分30秒あります。

剥がし終わった後です。

ドライアイス洗浄機:ラベル剥がし

ドライアイス洗浄機:ラベル剥がし

今回の試験では、
ドライアイス使用量:2750回転(137.5/min:1kgで約2分30秒程)
で行いました。この回転数には特に理由はありません。

なぜ、裏側?と思われるかもしれませんが、表のラベルは様々なノズルで実験していましたので、撮影できる綺麗な状態のラベルが裏にしか残っていませんでした(^^;)

ブロワのみではビンについた接着剤の部分を落とすのは厳しいかもしれませんが、100Vタイプでもここまで剥がす事ができました。

ドライアイスの使用量を変えるともう少し早く剥がす事が出来ると思いますので、次回は回転数も調整して試験を行おうと思います。


Top