ドライアイス洗浄機

水を使用せずに洗浄を行い、しかも、地球に、環境に優しい洗浄があります。それが・・・

ドライアイスを用いたドライアイス洗浄機なのです!

ドライアイス洗浄では、水や洗剤の変わりにドライアイスペレットを使用し洗浄を行います。その為に、従来洗浄が困難であった、水を嫌う機器の洗浄も可能となりました。水や洗剤を使用しないので、汚水を流す事もありません。又、ドライアイスペレットの原料である液化炭酸ガスは工場から排出される炭酸ガスを回収精製したものであり、排出炭酸ガスを利用する事で資源の有効利用にも貢献しています。その為に、環境に優しい洗浄方法と言えます。

ドライアイス洗浄機は日本でも様々な分野で使用されてきていますが、海外に比べるとまだまだなようです。その理由は、大型のエアーコンプレッサーが必要(約35馬力)であり、機器の重さ(本体のみで約100kg前後)、騒音(約100dB前後)、価格(本体のみで約200万円前後+コンプレッサー)、と初期費用がかなり掛かるうえ、機器が大きく、重く、騒音となると狭い日本では使用場所が限られています。

ドライアイス洗浄機を導入しても、移動は困難、常に騒音に悩まされる、ホースは重く、作業が疲れる・・・

洗浄機としての能力が高くても、マイナス面が大きく、導入に至らないケースが多々あります。

そこで、もっと軽く、低価格でドライアイス洗浄機が出来ないか?

と考え、試行錯誤を繰り返し、構想から4年にしてようやく一つの形になり「ハイブリッドドライアイス洗浄機」が完成しました。

弊社で販売しているドライアイス洗浄機は、他社の海外製品とは違い弊社独自で開発製作した日本製です。 世界で初めてこの分野でハイブリッド方式を考え、それをドライアイス洗浄機に組み込んだハイブリッド式ドライアイアスブラスト洗浄機(Hybrid Dry Ice Blasting)を開発しました。-国際特許(PCT)出願済み

弊社開発のハイブリッドドライアイスブラスト洗浄機は、従来からあるドライアイス洗浄機のマイナス面を克服し、低価格、低騒音、軽量化を実現しました。

次»製品情報

Top